開幕2年前を記念し、祝祭に用いられる「花火」をテーマとしたJAPAN MADEシューズが登場!

■2020年を夜空に夢見て。

今年で誕生35周年を迎えるシリアスランナー向けのアシックスレジェンドモデル「TARTHER JAPAN(ターサージャパン)」。

軽量の基布にウレタン材のトレッドを配した「デュオソール」を靴底前部に配し、さまざまな方向への高いグリップ力を持たせたのが特徴です。
時代の流れで変化しない「かわらない価値」と「未来への継承」を体現した、JAPAN MADEのTARTHER、東京2020公式ライセンス商品として、限定販売。

今回の商品は、開幕2年前を記念し祝祭に用いられる「花火」をテーマとしています。

深みのあるブルーをベースに、アッパー(甲被)の前部とかかと部、中敷に東京2020大会エンブレムモチーフのグラフィック描いています。
アッパーかかと部にはボリュームのある刺しゅうを配し、アシックスストライプにグラデーションを施すなど、特別感のある華やかなデザインに仕上げています。

東京2020公式ライセンス商品
TARTHER JAPAN(東京2020オリンピックエンブレム)

TARTHER JAPAN
(東京2020オリンピック公式ライセンス商品)
ご購入はこちらから

東京2020公式ライセンス商品
TARTHER JAPAN(東京2020パラリンピックエンブレム)

TARTHER JAPAN
(東京2020パラリンピック公式ライセンス商品)
ご購入はこちらから

©Tokyo 2020

2018年7月24日は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開幕2年前です。
2020年に向かって、走り出しましょう!

アシックスは、東京2020ゴールドパートナー(スポーツ用品)です。

※■TARTHERとは
1983年に登場し、今年35周年を迎える。
速さを求めるランナーに向け、軽さとクッション性という相反する課題を解決するため、身体の運動解析=バイオメカニクスを導入。
職人の経験と技に加えて、科学を追求する道へ、アシックスのシューズづくりの歴史的なターニングポイントとなったレジェンド・モデルである。

最新ニュース